看護師の仕事と准看護師と男性看護師

看護師の仕事
小さな頃から、看護師になるのが夢だったという方も、多くいらっしゃると思います。看護師は、「白衣の天使」として患者さんにとっては、とても心強い存在となります。入院をしている患者さんにとっては、特にそう感じる方が多いと思います。
看護師の仕事は、問診、採血や注射、検査、お薬の説明、そして患者さんの身の回りのお世話などを行うことになります。医療は、どんどん進化していますから、医療の知識、先端医療などに対応していく必要があります。医師からの指示などに従うこと、また患者さんとの家族との対応も行う必要があります。そう考えると、看護師の仕事内容はかなり幅広いということになりますよね。更に、これからは看護師の存在は大きなものになってくるといわれています。それは、これから高齢者の方がどんどん増えてくるため。高齢化社会になることで、更に看護師の役割は大きくなってきます。今までは、看護師というと病院でのお仕事をイメージする方がほとんどでしたが、高齢化社会になってくることで、看護師といえば介護施設というイメージに変わってくる可能性もありますね。
今までも、看護師というお仕事は大変なお仕事でしたが、これからは更に高齢者に対応することも増えてくるため、大変になってくるでしょう。しかし、それだけ看護師のお仕事にはやりがいが増えてくるのではないでしょうか。看護師の方は、これから更に勉強を重ねて、看護師というお仕事に誇りを持つでしょう。

准看護師
今は、准看護師として働いているという方も、いらっしゃると思います。准看護師とは、都道府県知事免許を取得した方のことをいいます。病院で勤務することは、看護師と変わりありません。対して、看護師は国家資格免許をした方のことをいいます。
この准看護師と看護師は、どういった違いがあるのかというと、まずは免許の違い。そして、お仕事内容としては、看護師は自分の判断で看護を行えるのに対し、准看護師の場合には医師の指示が必要となります。患者さんから見ると、それほど変わらないと思いますが、実際には能力の面では、かなりの差があり、はっきりと線を引かれている状態になっています。また、准看護師は看護師と比べるとお給料面でも低くなっています。更には、准看護師の場合には、昇格などに影響が出ることもあります。そのため、これから先、ずうっとお仕事を続けていきたい、できれば昇格などもしてスキルアップしていきたいと考えている方は、看護師を目指す方もいらっしゃいます。お仕事をしながら、更に勉強をするというのは大変だと思いますが、スキルアップを考えている方にとっては、必要な資格となりますので、頑張って看護師を目指していきましょう。
このように、一見病院で働いていると違いが分かりませんが、実は持っている資格も異なれば、お仕事内容も変わっているということ。しかし、准看護師の方が看護師になることもありますので、これからの活躍が期待できる存在ともいえます。

男性看護師
看護師というと、女性のイメージがあるという方も多いと思います。しかし、男性でも看護師として活躍している方が、多くいらっしゃいます。看護師のお仕事は、体力勝負のお仕事でもありますので、これからは更に男性看護師の活躍が期待できるのではないでしょうか。看護師のお仕事は、患者さんの体の向きを変えたり、場合によっては患者さんの移動をすることもあるでしょう。看護師の仕事には、こういった力仕事もありますので、男性看護師の方の存在は、とても大きなものとなります。また、看護師の方は、患者さんの体を拭くということもあります。しかし、若い男性患者さんの場合には、女性の看護師の方に裸を見られたくないという方も、中にはいらっしゃいます。そのため、男性の患者さんの場合には、男性看護師の方が対応することで、患者さんのストレスを減らすこともできます。
男性の方が看護師を目指そうと思った場合には、女性と同様のカリキュラムを行うことになります。看護師国家資格を取得した後には、女性看護師と同様に、病院などの勤務先があり、お仕事内容も女性看護師と変わらずに、活躍をすることができます。男性の方で、看護師の道を考えているという方もいらっしゃると思います。男性でも、看護師は活躍の場が整っていますよ。これからは、更に男性看護師の存在は、必要となってくるでしょう。男性看護師を目指して、これから男性看護師として活躍してみてはいかがでしょうか。

▲ページトップに戻る