看護師の転職理由

看護師の転職率は、企業に勤める会社員よりはるかに高くなっています。看護師という資格を保有していることから、転職に有利という面があり、病院やクリニックなど転職先も沢山あるからです。この時勢、企業の会社員が転職先の少なさに悩んでいる現状からみれば、羨ましく思えます。しかし、看護師の転職理由は企業の会社員とはかなり異なります。

プラス方向の転職理由は、専門性へのこだわりです。専門病院から総合病院に転職をして、さまざまな科を経験し、看護師としての知識と幅を広げるためです。逆に、総合病院から自分の得意分野の専門病院へ転職をして、特定の科のスペシャリストになることもあります。待遇面を重視して、より条件の良い医療機関へ転職を繰り返す人もいます。

人の命を預かる仕事にも関わらず、けしからんと非難されてしまいそうですが、看護師にも生活があります。女性に多い職業であることから、母子家庭の看護師も多くいます。子供の成長に合わせて、より多くの教育費や生活費が必要になることは当然のことなので、正当な転職理由になります。

一方、マイナス方向の転職理由として多く挙げられているものは、ストレスに耐えられないことです。患者やその家族から苦情を受け、精神的に追い込まれることがあります。病人のワガママだと自分に言い聞かせても限界があります。大病院になれば人の死に直面します。ナースステーションの人間関係や、医師とのコミュニケーションが上手くいかず、転職を決意する看護師も非常に高い割合で存在します。

看護師の転職は仕方ないことですが、中には特定の看護師を頼りにしていた患者もいることでしょう。ある日突然、病院を去っていたといことだけはないように、転職時期や引継ぎはしっかりやるべきです。

 

看護師専門の転職サイト

企業の転職サイトと同じように、看護師専門の転職サイトがあります。インターネットでいつでも検索ができるうえ、そのまま応募が可能なので多忙な看護師にも使い勝手がよい仕組みになっています。働きたい地域を選択したあと、担当業務を選ぶことから始めるのが一般的なシステムです。

担当業務とは、病棟、外来、オペ室、訪問看護などの分野をいいます。そこから条件を絞り込んでいくと、条件に合っているか、それに近い医療機関の求人情報に辿り着けます。看護師専門の転職サイトは、全国の医療機関が登録されており、数万件にも及びます。ハローワークや一般公開されていない求人も掲載されているので、多くの看護師は転職サイトを利用しています。
<看護師の転職求人カルテ>ナースの働きやすい病院&転職サイト決め方(看護師の病院求人を探すなら看護師転職サイトも)

無料登録をしてから利用しますが、実際に気になる求人に応募すると、サイトを運営している人材紹介会社から連絡がきます。人材コーディネーターから、さらに詳しい職場情報を聞くことができます。面接に行ってみたいと思ったら、人材紹介会社が代わりに面接の段取りをしてくれます。晴れて転職に成功すると、お祝い金が支給される場合もあるようです。サイトの特徴は、一般企業の転職サイトではみられない、「こだわり条件」が細かく設定されていることです。例えば、「夜勤なし」や「土日休み」「ブランク歓迎」に人気があり、たくさん検索されています。

「住宅完備」「24時間託児所あり」は単身、既婚者に関わらず、見逃せないポイントです。

そのほか、「職場がきれい」「年齢不問」など、看護師不足の医療機関はPRにも力が入っているので、じっくり見定めることができます。

 

応援看護師の働き方

応援看護師とは、3ヶ月から6ヶ月の短期間で働く派遣の看護師のことをいい、応援ナースともよばれています。
看護師が派遣で働く求人募集<派遣ナース病院探し体験談>特集ページ

急な人材不足を補うためや、夜勤だけの人材を確保する目的で募集を行なう医療機関があります。数ヵ月後に何か予定のある人は短期間でお金を貯める目的で働くことができます。ブランクのある人は、常勤の仕事ではなく応援ナースという働き方をしてから、少しずつ常勤の仕事へ復職することができます。夜勤を避けたい看護師が多くいる中、昼間は別のことをやっているため、逆に夜勤専門で働きたいと希望する人もいます。契約の更新はなく不安定な面がありますが、経験者に限定されていることから月給の相場は50万円程度の高額です。求人傾向としては、病院より老人介護施設のほうが、どちらかといえば多いかもしれません。

応援看護師には、「首都圏型」と「離島・北海道型」があります。首都圏型は、医療機関が多く存在する分、人材の出入りも多く、有能な看護師の争奪戦も多くあります。常に空きがある状態で、応援看護師の存在は欠かせないものになっています。また、経験を積むために、一旦は地方の病院を退職し、高度医療を行なっている首都圏の病院にくる看護師もいます。離島・北海道型は、もともと少ない医療機関に加えて、慢性的な看護師不足の問題を抱えています。長期間、不便な地方に拘束せず、期間を定めて働いてもらうという医療機関のニーズに応えるものです。働いてみて、このまま地域医療に携わりたいと思い、看護師として定着する人もいます。地方から首都圏、首都圏から地方へ赴任する場合、どちらも引っ越し費用の問題がありますが、応援看護師にはそういった心配は必要なく、ほとんどの医療機関で費用や住居を用意してくれます。

 

産業看護師の働き方

産業看護師とは、企業の医務室で働く看護師のことをいいます。多くの雇用形態は派遣社員となりますが、医務室のある大きな企業での就業がほとんどなので、希望する人も多くいます。しかし現状は、滅多に求人を目にすることがないレア求人となっています。

また、産業看護師として働くためには、日本産業衛生学会産業看護部会の規定にある要件を満たしている必要があり、なかなか難しい職種といえます。産業看護師として登録できても、様々な研修を受けながらステップアップすることが求められ、5年毎の更新制となっています。産業看護師として、一人で医務室に勤務することが多く、先輩からフォローして貰うことは出来ないので、全て自己完結する能力が求められます。企業で働く社員の健康管理がメインになりますが、身体の病気だけではなく心のケアも大きな仕事の一つです。

むしろ、風邪などの疾病で医務室を訪れる人よりも、精神的な悩みを抱えている社員が多くいます。精神的な疲労は、重症化すると鬱病を引き起こしてしまいます。休職や退職に追い込まれる社員が後を立たず、最悪の場合は自殺をしてしまう人もいます。外部の精神科を受診するより、内部事情を知る企業内の産業看護師に相談をすれば、原因の特定も早く関係部署と連携をとることができます。相手のストレスに耳を傾けなければならず、何度も同じ相談をされれば看護師自身のストレスにもなります。相談に訪れた社員から、上司や同僚の愚痴を聞かされることもありますが、批判の対象になった人を「あの課長はこうゆう人なんだ」などと思い込んで色眼鏡で見ることは許されません。全ての社員に公平に対応する能力が求められるのです。

 

訪問介護ステーションへの転職

訪問介護ステーションとは、病気や障害で自由に通院することができず、在宅での療養が必要だと判断された患者に対して、看護師が自宅を訪問して介護や看護を行なうものです。

訪問介護を受けられる人は、医療保険の被保険者、介護保険の本人になりますが、どちらも医師の「指示書」が必要になります。訪問介護を行なえる職種は指定されており、看護師、准看護師のほか、保健師や助産師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士になります。中でも、看護師と准看護師の割合がもっとも高く、求人も急増しています。

具体的な仕事内容は、医師の指示による医療処置をはじめ、入浴や排泄の介助、食事の介助、血圧や脈拍のチェックによる病状観察があります。また、終末期を自宅で過ごせるように介助をするターミナルケアも注目されています。これらの業務を24時間365日おこなうのが訪問看護師の業務になります。訪問看護師になるためには、看護師の資格をもっていることが条件となります。市町村が行なっている研修を受けて、訪問看護師として認定を受けなければならない場合もあります。

自宅で療養中の患者は容態の急変が多く、臨機応変に対応できる経験豊富な看護師が求められているので、転職しやすい環境になっています。勤務時間は患者の自宅を訪問しているので事業所で過ごすことはほとんどありません。基本的には24時間体制ですが、ケアマネージャーが訪問介護のスケジュールを組んでいるので、働く側は比較的、予定が立てやすいメリットがあります。地域に密着した仕事になるので、近所で働きたい看護師には適しているといえます。

 

看護師の転職メリット

看護師の転職率は非常に高いものですが、何に重点をおいて転職するかによってメリットが得られます。求人が多数あるので、医療機関の労働条件も業務内容も千差万別です。

一般的に、転職回数が多いと転職に不利といわれていますが、看護師の場合は問題のある退職理由でなければ不利にはならないようです。それだけ転職して当たり前という風潮があるからです。しかし、経験が浅く年齢の若い看護師の場合、夜勤が嫌だという理由でクリニックや開業医へ転職を希望するとマイナスイメージでみられてしまうかもしれません。

若い看護師は体力的にも充実しているうえ、学ぶことが沢山あります。転職をするときは、夜勤でも何でもするので高給の職場を探しているといったほうが上手くいくでしょう。

経験を積んだベテラン看護師が転職する場合、家庭の事情などを重視するのであれば、看護師の平均年齢が高いクリニックや開業医で働くと、同世代の同僚との人間関係が上手くいくかもしれません。安定を重視するなら、国立病院へ転職をすると国家公務員の身分になるので、病院が倒産して失業する心配はありません。また、全国の国立病院へ転勤可能なので、転居しても続けられるメリットがあります。ただし、国立病院で働くためには公務員試験にも合格している必要があります。人間関係を重視するなら、新しくオープンする病院へ転職する方法があります。スタッフ全員が同期になるので、既に出来上がっている人間関係の輪に馴染むことが苦手な人にはよいでしょう。

 

看護師の転職デメリット

誰もが転職することによって成功を求めますが、必ずしもメリットが得られる保障はありません。転職をするときは、転職した後のことを考える必要があります。給料面を重視して転職に成功したのはいいけど、やたらと急患が多く、以前の職場より労働時間が長時間に及んでしまうことがあります。求人広告の掲載内容が不十分だったがために、実際には夜勤を月に何度もこなして月給40万円だったということもあります。クリニックから病院への転職に成功したものの、医療技術の格差についていけず、教育制度が十分に整っていなかった場合、結局のところ働きながら学ぶ必要に迫られて心身ともに疲労困憊してしまうかもしれません。

アットホームな雰囲気と働きやすさを求めて小規模病院に転職した場合、院内の掃除なども看護師の業務に含まれていることがあります。患者か来院する前に済ませておく必要があるので、診療開始時間よりかなり早い時間に出勤しなければならず、家庭との両立が困難になるケースもあります。若い看護師がクリニックや開業医の医療機関で働くと、年配の看護師との人間関係に悩むことが多くあるようです。また、医師の妻が看護師をしていることもあり、医師との距離のとり方に頭を悩ませることもあります。せっかく転職をしたのに、かえって状況が悪くなった、或いは以前とさほど変わらなかったのであれば、デメリットだらけです。

転職を考えているときは、一刻も早く転職したいという思いから、じっくり職場を研究することに疎かになりがちです。いくら看護師が転職しやすい職業であっても、デメリットを理由に何度も転職をしていては「この人はまたすぐに辞めるかも」と先入観を持たれ、信用に関わります。焦らずにじっくり転職活動をおこないましょう。

「薬剤師 求人」30項目 

「薬剤師 求人」TOP

就職難の昨今、資格があることはとても有利に就職活動を進めることができます。資格の中でも比較的求人が多いのが薬剤師の資格です。薬剤師の資格を持っている人の男女比は、女性の方が6割以上となっています。

女性の薬剤師の悩みは、結婚や出産で薬剤師の仕事を辞めてしまうことです。そして、一段落がついた時に、また薬剤師として働きたいがすぐに就職できるのだろうか、薬剤師の資格が無駄になってしまわないだろうかというところです。たしかに、薬剤などは日々改良されていますから、何年もブランクがあるとすぐには対応できなくなるかもしれません。

ただ、薬剤師と言っても、調剤薬局だけでなくドラッグストアや製薬会社などの企業に勤めることもできますから、ある程度ブランクがあっても対応できる場合もあります。ましてや薬剤師は人手不足と言われていますから、資格があるだけで求人は多いかもしれません。

薬剤師の求人を探す方法としては、薬局やドラッグストアの張り紙を見たり、求人誌やハローワークで探す方法もあります。最近ではインターネットで求人を探す転職サイトもあります。身近で働く場所を探すなら張り紙などもいいですが、なかなかすぐに見つかるものでもありませんし、思ったより給料が低い、条件が合わないなんてこともあります。そのため、いろいろな求人情報がある転職サイトがおすすめです。転職サイトによっては、ブランクがある人でも相談に乗ってくれるところもありますし、就職するとお祝い金をいただけるところもあります。また、子供がいるから短時間しか働けないとか、夜勤はできないなどという条件でも見つけることができますから、女性の薬剤師の人にとっては特におすすめでしょう。

薬剤師の求人が多い転職サイトといっても、今やたくさんのサイトがあります。それぞれに特徴があり、使いやすさ、求人数、登録している企業なども違います。そのため、自分に合った転職サイトを見つけることができれば、より好条件で就職できるかもしれませんね。

 

「薬剤師 求人」30項目

・薬剤師について

01-01 薬剤師になるには

01-02 収入は

01-03 求人は多い

01-04 管理薬剤師、専門薬剤師とは

・薬剤師の求人を探す方法

02-01 貼り紙を見る

02-02 飛び込み

02-03 ハローワーク

02-04 求人情報誌

02-05 転職サイト

・薬剤師の求人について

03-01 パートでもOK?

03-02 未経験でも就職先は見つかる?

03-03 ブランクがあっても大丈夫?

03-04 薬剤師の求人は多い?

・薬剤師の求人を出す業者

04-01 調剤薬局

04-02 ドラッグストア

04-03 製薬会社などの企業

・転職サイトのメリット

05-01 求人数が多い

05-02 非公開求人がある

05-03 無料

05-04 コンサルタントのアドバイスを受けられる

05-05 在職中でも探しやすい

05-06 就職先が決まるとお祝いがもらえたりする

05-07 条件に合う就職先が見つかる

・転職サイトを選ぶポイント

06-01 求人数

06-02 大手企業

06-03 評判

06-04 サイトのつかいやすさ

06-05 祝い金などがある

06-06 サポート体制

06-07 複数のサイトに登録

続きを読む

薬剤師について。収入は?求人は多い?管理薬剤師、専門薬剤師とは?

薬剤師になるには

今、人手不足で求人が豊富にある薬剤師になるためには、薬剤師国家試験に合格しなければいけません。じゃあ、国家試験にさえ合格すれば薬剤師になれるかというとそうではありません。その薬剤師国家試験の受験資格が薬事法により定められており、6年制の大学で薬学に関する正規の課程を卒業しなければいけません。ようするに、薬科大を卒業しなければいけないのです。

続きを読む

薬剤師の求人を探す方法。ハローワーク、求人情報誌、転職サイトなど

ハローワーク

就職・転職をおこなうため、ほとんどの人が求人情報を探しに行くのがハローワークです。ハローワークは、どこの地域にも必ずあるもので、地元の求人情報が多くあります。薬剤師の資格がある人が求人情報を探す時にもハローワークは便利です。特に家の近くに就職したいという時には、最適かもしれません。しかもハローワークではどのような企業なのかを第三者的に判断してくれますから、ある程度その企業の情報を入手できます。そのため、入社してからこんなはずじゃなかった、なんてことがほとんどありません。

続きを読む

薬剤師の求人数は多い?パート、未経験、ブランク明けなど

パートでもOK?

薬剤師の女性の割合は多く、約半分は女性なのです。女性の薬剤師の場合、男性のようにフル勤務ができない場合が多いです。もちろん、女性でも未婚の場合はフル勤務のほうが収入も高いですので好まれますが、結婚をしている人、そして子供がいる人などはなかなかフル勤務が難しい人もいます。

続きを読む

薬剤師の求人を出す調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社などの企業

調剤薬局

薬剤師の求人を出している会社・業種としては、調剤薬局があります。調剤薬局とは主に病院などで処方された処方箋を基にお薬を提供する薬局のことです。医師の指示通りの薬を処方するのは当たり前のことで、その薬について飲み方、注意事項などを患者さんに分かりやすく伝える必要があります。これがいい加減だと病院にいった意味が無くなると言っても過言ではありません。それだけ大切な仕事になるのです。

続きを読む